初心者のための鮎竿選び

初心者にオススメする竿を紹介する前に、竿の長さについて簡単に説明します。
今は竿の長さの変換期にあるように思います。
どういうことか?と言うと、これまでは9mが主流でした。それ以前には10m。さらに前には11mという時代もあったようです。
起こっている現象を観察すると、今のところ竿は短くなる方向性のようです。

僕が友釣りを始めた時は、9mが主流でした。それで友釣りを覚えました。

今思えば、遠回りをしていたな、という感じがします。

遠回りと表現したのは、自ら釣りの難易度を上げているという事です。
そして、それに気がついていない。

竿は短いほど、操作性がいいし、疲れにくく、集中力が維持できます。
9mの竿でないと釣れないということはありません。

竿を短くするだけで、釣りが易しくなります。

ということで初心者にオススメなのは7m前後の竿です。短竿は必然的に安価になるのでそこもメリットでしょう。
何シーズンか経験すれば、竿の硬さや調子の違いが気になってくるでしょう。
それまでは、入門用の竿で十分ではないかという気がします。

ちなみに僕が主に使っている竿はこちら。

ダイワ プライムアユ70早瀬抜 (7m)
宇崎日新 竿 シルバーギガV2EX2WAY支流 6456 (5.6mと6.4mのマルチ)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です